コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀秀種 たが ひでたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀秀種 たが-ひでたね

1565-1616 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)8年生まれ。兄に堀秀政羽柴秀長,豊臣秀吉につかえ,大和(奈良県)宇陀郡で2万石を領する。関ケ原の戦い西軍に属して越後(えちご)(新潟県)へ追放されたが,のち前田利常の家臣となった。元和(げんな)2年10月死去。52歳。初名は秀家。通称は源助。号は鴎庵。日記に「越後在府日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多賀秀種の関連キーワード秋山城永禄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android