夜勤(読み)やきん

精選版 日本国語大辞典「夜勤」の解説

や‐きん【夜勤】

〘名〙 夜間務すること。のつとめ。よづめ。夜間勤務。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉四「夜勤の交替は一週間なるは各会社殆ど同一なり」 〔説苑‐政理〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の夜勤の言及

【交替制】より

…また交替制の方式は大きくいえば,時間短縮の趨勢のなかで,しだいに労働者の生理的・文化的生活のリズムを生かし,負担を軽減する類型のものに移行している。
[日本の交替制]
 1883年(明治16)8月26日に大阪紡績で始まった昼夜操業下の紡績女工の交替制にみるような12時間2組2交替制(昼勤・夜勤)が,当初一般的であった。その後,女子の夜業禁止(23~5時,1929施行)により,現在女子の多い産業(食品・繊維・衣料)で通常的な8時間2交替(早番・遅番)の方式に移行した。…

※「夜勤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android