コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深夜業 シンヤギョウ

5件 の用語解説(深夜業の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんや‐ぎょう〔‐ゲフ〕【深夜業】

深夜に行われる業務。労働基準法では、午後10時から午前5時までの間の労働。例外として、午後11時から午前6時までの間の労働もいう。深夜労働。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

深夜業【しんやぎょう】

労働基準法によれば,午後10時から翌朝5時までの労働をいう(特別の地域・期間では午後11時から翌朝6時までのこともある)。労働基準法は2割5分以上の割増賃金の支払を規定し,女子および満18歳未満の男子の深夜業を禁止している。
→関連項目超過勤務手当年少労働

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんやぎょう【深夜業】

労働者の心身の負担が大きいため禁止・規制・特別の保護を必要とする時間帯の労働。時間外労働(残業)が長引いた際および交替制勤務において深夜業が問題となる。労働基準法では午後10時~午前5時を深夜として,25%の割増賃金支払義務や年少者と女子の就業禁止(10時半終業の交替制は可)を定めている。(〈児童労働・年少労働〉および〈女子労働〉の項参照)。ILO89号条約では,午後10時~午前7時の間の継続した7時間を含む継続した11時間を深夜として,女子の就業を原則的に禁止している(90号条約では夜間の定義をより広げたうえで年少者の夜間労働を禁止)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんやぎょう【深夜業】

深夜の労働。労働基準法では、基本的に午後10時から翌朝午前5時の間の労働とし、使用者は割増賃金を支払わねばならず、原則として女子・年少者には禁止されているが、「男女雇用機会均等法」の制定によりいくつかの例外が認められている。深夜労働。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深夜業
しんやぎょう

わが国の場合、深夜業とは、労働基準法(昭和22年法律49号)によって定められた、午後10時から午前5時までの間の労働をいい、この時間帯においては、原則として女性と18歳未満の年少者の就業は禁止されていた(61条、旧64条の3)。しかし、後述のように女性については、1997年(平成9)に、妊産婦を除いて深夜業の禁止規定が撤廃された(現64条の3、平成9年法律92号による)。
 夜間には休養や睡眠をとるという人間の自然的、生理的な条件を無視した深夜業は、あらゆる労働者の健康に有害であるが、とりわけ母性保護の必要な女性や、成長途上の年少者に与える影響は深刻である。このため、ILO(国際労働機関)は、早くも1919年の第1回総会において、「夜間における婦人使用に関する条約」(ILO条約第4号)と、「工業に使用される年少者の深夜業に関する条約」(ILO条約第5号)を採択した。この両条約は第二次世界大戦後の48年に改正され、女性を規定した第89号条約と年少者を規定した第90号条約は、わが国の規定よりも長い午後10時より午前7時の間を深夜業とし、その規制を強化した。
 わが国においては、第二次世界大戦前、おもに繊維産業を中心に12時間二交替制による女性の深夜業が行われ、有名な細井和喜蔵(わきぞう)の『女工哀史』(1925)によって明らかにされているように、女性労働者は劣悪な労働環境とも結合して悲惨な状況に置かれていた。1911年(明治44)に成立した工場法は、女性と16歳未満の年少者の深夜業を禁止したが、紡績資本家の激しい反対のために、その実施は長く延期され、それが施行されるようになるのは29年(昭和4)になってからであった。
 労働基準法によれば、満18歳以上の男性労働者は深夜業の規制をいっさい受けないが、深夜業に就労した場合、使用者は通常の賃金に対して25%以上の割増賃金を支払わなければならない(37条)。しかし、深夜業に関してもわが国の労働基準法は多くの例外を認めてきた。第一に、交替制によって使用される満16歳以上の男性については、深夜業は禁止されない。第二に、災害その他の理由で臨時の作業を行う場合である。第三に、特殊な業種や女性の健康にあまり有害でない業種は深夜業が認められている。前者では、農林、保健衛生、料理・飲食店、電話の事業などが、後者では、航空機の客室乗務員、映画・放送関係業務などが主要なものである。さらに男女雇用機会均等法の成立(1985)によって深夜業禁止の除外を受ける女性の範囲は著しく拡大された(改正労働基準法、1986年4月施行)。
 その後、深夜業を禁止されていた女性労働者については、1997年の男女雇用機会均等法改正(99年より施行)に伴い、労働基準法の女子保護規定が撤廃され、妊産婦を除いて、深夜業についての規制が解消された。
 また、1997年の育児・介護休業法改正で、育児や介護を行う労働者については、男女を問わず、深夜業を制限する制度が設けられている。[湯浅良雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深夜業の関連キーワードCSE気が大きい腹が大きいストライド走法包括根保証全国労働衛生週間連闘派遣労働者の処遇問題ムーン・ライターコンクリートコート

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

深夜業の関連情報