コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢の浮橋 ユメノウキハシ

デジタル大辞泉の解説

ゆめ‐の‐うきはし【夢の浮橋】

夢の中のあやうい通い路。また、はかないものの意。
「春の夜の―とだえして峰にわかるる横雲の空」〈新古今・春上〉
源氏物語第54巻(最終巻)の巻名。薫大将、28歳。出家した浮舟の行方を薫が確かめるが、浮舟は会おうとせず、薫は落胆するという次第を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

夢の浮橋

宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。脚本:大野拓史。2008年、宝塚大劇場にて月組が初演。源氏物語の『宇治十帖』を基にした作品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

夢の浮橋の関連キーワード谷崎潤一郎(年譜)ハルオ シラネ新古今和歌集宝塚歌劇団岸田 理生谷崎潤一郎倉橋由美子唐沢民賢阿野伸八山路の露源氏香文由来石横雲盆石水石

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夢の浮橋の関連情報