コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薫大将 かおるたいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薫大将
かおるたいしょう

源氏物語』の「宇治十帖」の主人公光源氏の子。実は源氏の妻の女三の宮柏木右衛門督との不義の子。思慮深く,仏教に心を寄せるが恋愛に失敗する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かおるだいしょう【薫大将】

〔身に異香があるところから呼ばれる〕 源氏物語、宇治十帖の主要人物。表向きは光源氏の子であるが、実は柏木の子。母は女三の宮。宇治の大君おおいぎみに心を寄せるが、いれられず、大君は病没。のち匂宮におうのみやと浮舟の愛を争う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薫大将の関連キーワード岡田 鯱彦岡田鯱彦夢の浮橋手習い宿木蜉蝣宇治異香病没紅梅揚巻椎本早蕨橋姫東屋竹河

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android