コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薫大将 かおるたいしょう

大辞林 第三版の解説

かおるだいしょう【薫大将】

〔身に異香があるところから呼ばれる〕 源氏物語、宇治十帖の主要人物。表向きは光源氏の子であるが、実は柏木の子。母は女三の宮。宇治の大君おおいぎみに心を寄せるが、いれられず、大君は病没。のち匂宮におうのみやと浮舟の愛を争う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android