コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薫大将 かおるたいしょう

大辞林 第三版の解説

かおるだいしょう【薫大将】

〔身に異香があるところから呼ばれる〕 源氏物語、宇治十帖の主要人物。表向きは光源氏の子であるが、実は柏木の子。母は女三の宮。宇治の大君おおいぎみに心を寄せるが、いれられず、大君は病没。のち匂宮におうのみやと浮舟の愛を争う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone