薫大将(読み)かおるたいしょう

  • かおるだいしょう
  • かおるだいしょう かをるダイシャウ
  • かおるだいしょう〔かをるダイシヤウ〕

大辞林 第三版の解説

身に異香があるところから呼ばれる 源氏物語、宇治十帖の主要人物。表向きは光源氏の子であるが、実は柏木の子。母は女三の宮。宇治の大君おおいぎみに心を寄せるが、いれられず、大君は病没。のち匂宮におうのみやと浮舟の愛を争う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

「源氏物語」の宇治十帖の主人公の一人。源氏の二男とされるが実は源氏の妻である女三宮が、柏木(かしわぎ)と通じて産んだ子。物語の中では、「まめ人」として描かれる。宇治八宮の大君を慕うがとげられず、さらにその異母妹の浮舟を愛するが、積極的な匂宮(におうみや)も浮舟と関係をもったため、悲恋に終わる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

薫大将の関連情報