宇治十帖(読み)ウジジュウジョウ

デジタル大辞泉の解説

うじ‐じゅうじょう〔うぢジフデフ〕【宇治十帖】

源氏物語54のうち、橋姫から椎本(しいがもと)総角(あげまき)早蕨(さわらび)宿木東屋(あずまや)浮舟蜻蛉(かげろう)手習夢浮橋(ゆめのうきはし)までの最後の10帖の総称光源氏の死後の物語で、宇治を舞台に薫(かおる)大将半生を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うじじゅうじょう【宇治十帖】

源氏物語五四帖のうちの最後の一〇帖。薫大将を主人公に山城国宇治を舞台とする。橋姫・椎本しいがもと・総角あげまき・早蕨さわらび・宿木・東屋・浮舟・蜻蛉・手習・夢浮橋の一〇帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇治十帖
うじじゅうじょう

『源氏物語』の最後の部分、「橋姫(はしひめ)」「椎本(しいがもと)」「総角(あげまき)」「早蕨(さわらび)」「宿木(やどりぎ)」「東屋(あずまや)」「浮舟(うきふね)」「蜻蛉(かげろう)」「手習(てならい)」「夢浮橋(ゆめのうきはし)」の10帖の総称。主人公薫(かおる)大将と宇治の八の宮の娘、大君(おおきみ)・中君(なかのきみ)、および浮舟との交渉が語られ、主として宇治の地を舞台として物語が展開するのでこの名がある。[秋山 虔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宇治十帖の言及

【源氏物語】より

…第3部は,42匂宮(におうみや),43紅梅,44竹河(たけがわ),45橋姫,46椎本(しいがもと),47総角(あげまき),48早蕨(さわらび),49宿木(やどりぎ),50東屋(あずまや),51浮舟,52蜻蛉(かげろう),53手習,54夢浮橋(ゆめのうきはし)である。橋姫以下10巻を一般に〈宇治十帖〉と呼ぶ。
[あらすじ]
 物語は時代を数十年以前にさかのぼる延喜・天暦(醍醐天皇~村上天皇)の時代に取って出発する。…

※「宇治十帖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇治十帖の関連情報