コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大・半・小 だい・はん・しょう

1件 の用語解説(大・半・小の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大・半・小【だい・はん・しょう】

平安時代から近世初頭まで使用された田畑の面積の単位。史料上の初見は922年。1段=360歩(ぶ)を小割にし,大は3分の2の240歩,半は2分の1の180歩,小は3分の1の120歩を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大・半・小の関連キーワード梟首新田検地田畑永代売買禁止令治田川欠引町人捌き前挽き川成引胡簶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone