コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大・半・小 だい・はん・しょう

百科事典マイペディアの解説

大・半・小【だい・はん・しょう】

平安時代から近世初頭まで使用された田畑面積単位。史料上の初見は922年。1段=360歩(ぶ)を小割にし,大は3分の2の240歩,半は2分の1の180歩,小は3分の1の120歩を指す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大・半・小の関連キーワード太閤検地平安時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android