コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大・半・小 だい・はん・しょう

百科事典マイペディアの解説

大・半・小【だい・はん・しょう】

平安時代から近世初頭まで使用された田畑面積単位。史料上の初見は922年。1段=360歩(ぶ)を小割にし,大は3分の2の240歩,半は2分の1の180歩,小は3分の1の120歩を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大・半・小の関連キーワード太閤検地平安時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android