コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大串竜太郎 おおぐし りゅうたろう

2件 の用語解説(大串竜太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大串竜太郎 おおぐし-りゅうたろう

1845-1925 明治-大正時代の政治家,実業家。
弘化(こうか)2年3月18日生まれ。明治12年高知県会議員となり,高知県からの徳島分県につくす。翌年徳島県会議員に当選,のち議長。徳島銀行,徳島電灯,徳島鉄道などを設立,頭取,社長をつとめた。大正14年1月25日死去。81歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大串竜太郎

没年:大正14.1.28(1925)
生年:弘化2.3.18(1845.4.24)
幕末明治期の阿波藍商。阿波国(徳島県)板野郡五条村の藍商大串歓次郎の次男。同郡西条村の大串家を継ぐ。同家は防長,伊予に売場を持つ藍商を家業とし,それに従事。のち西条村組頭庄屋,高知県御用係等を勤め,明治12(1879)年高知県会議員となり徳島県の高知県からの分県運動に貢献,翌年徳島県会議員,のち県会議長を歴任し,吉野川改修事業等に尽力した。他方実業家としては,15年旧徳島藩家老賀島政範らとはかり徳島銀行を創立して頭取となったのち,27年には徳島電燈株式会社,30年には徳島鉄道株式会社を設立,大正期に入ると徳島倉庫や徳島貯蓄銀行の創設に尽力し,それぞれの社長,頭取となった。<参考文献>大串文雄『故大串竜太郎小伝』,渡辺茂雄『四国開発の先覚者とその偉業 第4集』

(天野雅敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大串竜太郎の関連キーワード阿波阿波座阿波縮徳島川真田徳三郎志摩利右衛門多田宗太郎永井精古三木与吉郎(9代)山瀬佐蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone