コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏維貞 おさらぎ これさだ

2件 の用語解説(大仏維貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大仏維貞 おさらぎ-これさだ

1286-1327 鎌倉時代の武将。
弘安(こうあん)9年生まれ。大仏(北条)宗宣(むねのぶ)の子。母は北条時茂の娘。評定衆,引付頭人(とうにん),陸奥守(むつのかみ)などをへて,正和(しょうわ)4年六波羅(ろくはら)探題南方。元亨(げんこう)4年に辞任して鎌倉へかえり,評定衆に再任され,嘉暦(かりゃく)元年連署となった。歌が「玉葉和歌集」以下の勅撰集におさめられている。嘉暦2年9月7日死去。42歳。初名は貞宗。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大仏維貞

没年:嘉暦2.9.7(1327.9.22)
生年:弘安8(1285)
鎌倉末期の幕府連署。大仏宗宣と北条時茂の娘の子。初名貞宗。陸奥守,修理大夫を歴任。嘉元2(1304)年引付衆に加えられ,同3年小侍奉行,徳治1(1306)年評定衆・引付頭人となる。正和4(1315)年六波羅探題南方となり正中1(1324)年まで在京。この間探題府を主導し悪党鎮圧などに手腕を発揮した。正中1年の後醍醐天皇による正中の変は,維貞の探題離任後に勃発した。鎌倉下向後は評定衆に復し,嘉暦1(1326)年連署に就任。翌年病死した。和歌に秀で,勅撰集に11首が入集。鎌倉末期の北条一門のなかでは実務的能力を持った存在であった。

(森幸夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大仏維貞の関連キーワード大仏宗宣連署大仏朝直大仏宣時常葉範貞北条時顕北条時範北条煕時北条宗宣北条義政

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone