コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴友国 おおともの ともくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴友国 おおともの-ともくに

?-692 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)の舎人(とねり)で,壬申(じんしん)の乱で皇子の東国行にしたがった。のち宿禰(すくね)の姓(かばね)をおくられ,持統天皇6年死去に際しては直大弐(じきだいに)の位と賻物(はぶりもの)(喪主の助けとなる品物)をさずかった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大伴友国の関連キーワードあすか飛鳥官吏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android