コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴友国 おおともの ともくに

1件 の用語解説(大伴友国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴友国 おおともの-ともくに

?-692 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)の舎人(とねり)で,壬申(じんしん)の乱で皇子の東国行にしたがった。のち宿禰(すくね)の姓(かばね)をおくられ,持統天皇6年死去に際しては直大弐(じきだいに)の位と賻物(はぶりもの)(喪主の助けとなる品物)をさずかった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大伴友国の関連キーワード子どもシェルターと自立援助ホーム顔杲卿白粉飛鳥皇女大神高市麻呂窪田統泰山田御方エクストロイドCVT大谷寺イバード派

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone