コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔杲卿 がんこうけいYan Gao-qing; Yen Kao-ch`ing

4件 の用語解説(顔杲卿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顔杲卿
がんこうけい
Yan Gao-qing; Yen Kao-ch`ing

[生]長寿1(692)
[没]至徳1(756)
中国,唐の忠臣。山東の人。字は 昕 (きん) 。琅邪 (ろうや) の名族顔氏の出身で,初め安禄山に用いられて常山の太守となった。しかし天宝 14 (755) 年安史の乱が起ると,族兄弟の平原太守顔真卿とともに討賊の兵をあげて奮戦。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がん‐こうけい〔‐カウケイ〕【顔杲卿】

[692~756]中国、の政治家。臨沂(山東省)の人。顔真卿(がんしんけい)の従兄。玄宗に仕え、安禄山(あんろくざん)に登用されて太守となったが、禄山の反乱に際してこれに敵対し、捕まって殺された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がんこうけい【顔杲卿】

692~756) 中国、唐の政治家。顔真卿の従兄。安禄山に認められ、常山の太守となる。禄山が反すると真卿と呼応して朝廷のための義兵を挙げ、敗れて殺された。諡おくりなは忠節。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顔杲卿
がんこうけい
(692―756)

中国、唐の忠臣。琅邪(ろうや)郡(山東・江蘇(こうそ)省境)の顔氏で、『顔氏家訓』の著者顔之推(しすい)の5代の孫の、書道史上著名な顔真卿(しんけい)の従兄(いとこ)にあたる。天宝(てんぽう)年間(742~756)に安禄山(あんろくざん)の下で営田判官を務め、常山郡(河北省)太守に抜擢(ばってき)された。しかし755年、安禄山が蕃(ばん)・漢の大軍を率いて東北境で唐に反旗を翻すと、彼は顔真卿と呼応して勤王の義兵をあげ、賊の一部将を捕らえて都に送った。のち反軍の史思明(ししめい)に常山城を包囲され、籠城(ろうじょう)となり、勇戦空しく兵糧尽きて賊に捕らえられた。安禄山の前へ引き出された彼は、あくまで禄山の反逆をののしり、ついに殺された。[池田 温]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の顔杲卿の言及

【顔真卿】より

…開元22年(734)進士となり,のち,醴泉尉(れいせんい),長安尉,監察御史,殿中侍御史,東都採訪判官,武部員外郎を歴任して753年に平原(山東省陵県)太守に転出。翌々年に安史の乱が起こり,河北・山東各地は安禄山の勢力下に入ったが,顔真卿は従兄の常山(河北省正定)太守顔杲卿(がんこうけい)と連絡をとり,義軍をあげて唐朝のために気を吐いた。756年(至徳1),平原を放棄,翌年,鳳翔(ほうしよう)(陝西省)の粛宗のもとに行き,憲部尚書に任命され,つき従って長安に帰った。…

※「顔杲卿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

顔杲卿の関連キーワード子どもシェルターと自立援助ホーム顔杲卿白粉飛鳥皇女大神高市麻呂窪田統泰山田御方エクストロイドCVT大谷寺イバード派

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone