大伴郎女(読み)おおともの いらつめ

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴郎女

没年:神亀5(728)
生年:生年不詳
奈良時代の貴族の女性。大納言大伴旅人の妻。旅人が大宰帥として筑紫に赴任したとき,これに同行,神亀5(728)年の春から夏の間に同地で病死した。その死を弔問する勅使として都から石上堅魚が派遣されており,旅人の嫡妻とされていたことがわかる。このとき旅人は64歳。おそらくはごく近い同族であり,長く生活をともにしたらしい妻の死は,旅人にとって大きな痛手であった。筑前守山上憶良は,異郷で妻を失った旅人の心を思いやって挽歌を送っているが,旅人自身も「ひとり断腸の泣を流す」と悲痛な思いを書簡に記している。その後も旅人は折に触れて妻をしのぶ歌を作っており,天平2(730)年大納言として上京する途上の,さらには,ふたりで暮らした京の宅に帰ったときなどの歌が残されている。旅人の嫡男家持は,神亀5年当時11歳であったが,その母については天応1(781)年まで生存が確認されている。郎女自身の子供については不明。

(西野悠紀子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android