コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴郎女 おおともの いらつめ

2件 の用語解説(大伴郎女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴郎女 おおともの-いらつめ

?-728 奈良時代,大伴旅人(たびと)の妻。
大宰帥(だざいのそち)として筑紫(つくし)に赴任する夫に同行し,神亀(じんき)5年同地で没した。「万葉集」巻8に旅人がなき郎女をおもう歌がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴郎女

没年:神亀5(728)
生年:生年不詳
奈良時代の貴族の女性。大納言大伴旅人の妻。旅人が大宰帥として筑紫に赴任したとき,これに同行,神亀5(728)年の春から夏の間に同地で病死した。その死を弔問する勅使として都から石上堅魚が派遣されており,旅人の嫡妻とされていたことがわかる。このとき旅人は64歳。おそらくはごく近い同族であり,長く生活をともにしたらしい妻の死は,旅人にとって大きな痛手であった。筑前守山上憶良は,異郷で妻を失った旅人の心を思いやって挽歌を送っているが,旅人自身も「ひとり断腸の泣を流す」と悲痛な思いを書簡に記している。その後も旅人は折に触れて妻をしのぶ歌を作っており,天平2(730)年大納言として上京する途上の,さらには,ふたりで暮らした京の宅に帰ったときなどの歌が残されている。旅人の嫡男家持は,神亀5年当時11歳であったが,その母については天応1(781)年まで生存が確認されている。郎女自身の子供については不明。

(西野悠紀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大伴郎女の関連キーワード大伴大納言礒氏法麻呂石上堅魚大伴田主大伴家持妹笠御室門部石足巨勢郎女舟麻呂山口若麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone