大倉工業(読み)おおくらこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大倉工業
おおくらこうぎょう

合成樹脂,合板を中心としたメーカー。 1947年四国住宅として設立。 51年四国実業と改称。当初は木材業であったが 55年よりポリエチレン加工に進出,それに伴い現社名となる。 73年よりビジネスホテルなども兼営。 78年に子会社,大倉健販などを吸収合併。 89年には給水管などのリフォーム工場請負およびコンピュータ・ソフトウエア開発の請負事業を開始。 91年に電算室,港町工場を分離独立させ,オークラ情報システム,ユニオン・グラビアを設立。売上構成比は,合成樹脂 67%,建材 23%,その他 10%。年間売上高 875億 6400万円 (連結。うち輸出1%) ,資本金 86億 1900万円 (1998) ,従業員数 1819名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

大倉工業

正式社名「大倉工業株式会社」。英文社名「Okura Industrial Co., Ltd.」。化学工業。昭和22年(1947)「四国住宅株式会社」設立。同26年(1951)「四国実業株式会社」に改称。同30年(1955)現在の社名に変更。本社は香川県丸亀市中津町。レジ袋や商品パッケージに使われる合成樹脂フィルムの生産で大手。液晶画面用光学フィルムなど高機能フィルムを開発。創業事業である建材の製造・販売も行う。東京証券取引所第1部上場。証券コード4221。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android