コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉桃郎 おおくら とうろう

2件 の用語解説(大倉桃郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大倉桃郎

小説家。香川県生。本名は国松、別号に琴峰、黒風白雨楼。徴兵され、帰休している時、大阪毎日新聞の懸賞小説に「琵琶歌」という作品を投稿、一等となる。しかし、その時日戦争に出征しており知らず帰国すると文名が上がっていたという話は明治文壇最大のロマンスであった。他に「旧山河」「静御前」等の作品がある。昭和19年(1944)歿、66才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉桃郎 おおくら-とうろう

1879-1944 明治-昭和時代前期の小説家。
明治12年11月17日生まれ。日露戦争に出征中,「大阪朝日新聞」懸賞小説に応募した「琵琶(びわ)歌」が入選。帰還後,「万朝報(よろずちょうほう)」の記者となる。歴史ものと少年少女小説で活躍。昭和19年4月22日死去。66歳。香川県出身。本名は国松。別号に琴峰,黒風白雨楼。作品に「平和の日まで」「万石浪人」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大倉桃郎の言及

【家庭小説】より

…必ずしもハッピー・エンドを心がけてはいないが,ときに明るい解決を目ざしたものもあり,〈光明小説〉と呼ばれた(中村春雨の《無花果(いちじく)》(1901)など)。その展開は,尾崎紅葉の《金色夜叉(こんじきやしや)》(1897‐1902),徳冨蘆花の《不如帰(ほととぎす)》(1898‐99)あたりを先駆とし,菊池幽芳の《己が罪》(1899‐1900),《乳姉妹》(1903)などをピークに,草村北星の《浜子》(1902),《相思怨》(1904),田口掬汀(きくてい)の《女夫波(めおとなみ)》(1904),《伯爵夫人》(1905),大倉桃郎(とうろう)の《琵琶歌》(1905)などが続出し,その脚色による新派劇の興隆と相まって,大正の柳川春葉《生(な)さぬ仲》(1912)などに及んでいる。【岡 保生】。…

※「大倉桃郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大倉桃郎の関連キーワード川瀬光順瀬川章友立野徳治郎田丸節郎常岡良三鳥居清種(2代)中村寛澄林仙之三隅正若柳吉蔵(初代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone