コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海軍工廠 カイグンコウショウ

2件 の用語解説(海軍工廠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいぐん‐こうしょう〔‐コウシヤウ〕【海軍工×廠】

海軍の艦船・兵器・弾薬などの製造・修理・購入・実験などをする施設。旧日本海軍では、横須賀・呉・佐世保・舞鶴の各軍港に設置されていた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海軍工廠
かいぐんこうしょう

旧日本海軍で艦船や兵器の設計、製造、修理、検査、補給、購買を担当した工場と、これを統括した機関の総称。前身は1866年(慶応2)に江戸幕府が創設した横須賀製鉄所で、これに加えて1871年(明治4)に明治政府が接収した石川島造船所を基礎として発展し、1905年(明治38)に神奈川県横須賀と広島県呉(くれ)の海軍工廠が機構整備された。軍直轄の海軍工廠は以後、陸軍工廠とともに日清(にっしん)、日露戦争を通じて兵器生産の自立化と自足化を目ざした。しかし、陸軍はある程度成功したものの、海軍では両戦役を経たあとも十分には達成されず、いわば「軍器の独立」をみたのは第一次世界大戦後においてであった。それでも艦船については、1911年にイギリスに発注した巡洋戦艦「金剛(こんごう)」を最後に、以後すべて国産の軍艦で占めるようになった。海軍工廠は造船工業の中核として、日本重工業発展の先導者の役割も演ずることになった。[纐纈 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の海軍工廠の言及

【軍工廠】より

…明治維新以降第2次世界大戦時までの日本陸海軍の兵器(軍艦,航空機,火薬,燃料を含む)の製造・修理,兵器素材(特殊鋼,鋼材等)の製造等をおこなった国有軍事工場の総称で,日本の軍事生産の中核を担った。陸軍工廠と海軍工廠に大別される。両者とも,明治維新政府が旧幕府,西南雄藩が建設した造船所,兵器工場を接収および新設して出発した。…

※「海軍工廠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海軍工廠の関連情報