コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉雨村 おおくら うそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉雨村 おおくら-うそん

1845-1899 明治時代の日本画家。
弘化(こうか)2年2月15日生まれ。長崎で鉄翁祖門(てっとう-そもん)に文人画をまなぶ。明治5年清(しん)(中国)にわたり,上海領事館に15年間つとめながら中国の画法を研究した。弟子に宗重望(しげもち)らがいる。明治32年6月10日死去。55歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は行。字(あざな)は顧言。通称は謹吾。別号に雨邨,鉄農半仙。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大倉雨村の関連キーワード宗 重望宗星石

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android