コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大償神楽 オオツグナイカグラ

世界大百科事典 第2版の解説

おおつぐないかぐら【大償神楽】

東北地方に山伏が伝承した神楽の一種。岩手県稗貫郡大迫町内川目の大償集落に伝わり,8月1日の早池峰(はやちね)神社の祭礼などで演じられることが多い。近隣の山伏神楽と同様に権現様と呼ばれる獅子頭に神を勧請し,農閑期にそれを舞わして持場の村々を歩き,家ごとに火伏せ悪魔払いなどの祈禱を行った。夜は宿所の一間を舞場とし,古い猿楽能から影響を受けたと思われる神楽能を数曲演じ,村人を楽しませた。大償神楽と兄弟関係にある岳(たけ)神楽が伝承されている早池峰山麓の岳集落には,文禄4年(1595)の銘がある権現様があり,伝承では1488年(長享2)に他所から伝授されたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大償神楽の言及

【山伏神楽】より

…その夜,民家のひと間を舞台に借り,後方に幕を張って数番から数十番の古風な能や激しい舞,狂言などを演じた。現在,岩手県の早池峰(はやちね)山麓の稗貫郡大迫町大償(おおつぐない)の大償神楽や岳(たけ)の岳神楽は国指定重要無形民俗文化財になっている。演目は権現をまわす権現舞に始まり,式舞として《露払》《鳥舞》《御神楽(みかぐら)》《翁》《三番叟》《松迎(まつむかえ)》など,女舞に《年寿(ねんじゆ)》《機織(はたおり)》《橋引》《鐘巻》《蕨折(わらびおり)》《塩汲》《木曾》など,番楽舞(武士舞)として《信夫(しのぶ)》《鈴木》《八島》《鞍馬天狗》など,神舞として《山の神》《岩戸開》《五穀》《水神》《注連切(しめきり)》《天降》《八幡》《尊揃(みことぞろえ)》など,曲芸風の舞として《盆舞》《杵舞》《三本劔》《折敷(おしき)舞》など総計100番近い曲を伝える。…

※「大償神楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大償神楽の関連キーワード佐々木 金重早池峰岳神楽早池峰神楽

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android