大動脈・肺動脈窓(読み)だいどうみゃくはいどうみゃくそう

家庭医学館の解説

だいどうみゃくはいどうみゃくそう【大動脈・肺動脈窓】

 大動脈肺動脈が1つの窓を介して接している状態で、動脈幹中隔(図「中隔、弁膜の位置と名称」)の欠損のためにおこります。
 この部分で短絡(たんらく)がおこるので、動脈管開存(かいぞん)(「動脈管開存(症)」)に似た血液の流れとなり、肺血流量も増加します。
 診断がむずかしく、カテーテル検査(コラム「先天性心疾患の検査と診断」)で見つかることもあります。
 窓を閉鎖する手術をします。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android