大匠(読み)タイショウ

  • おおたくみ おほ‥
  • たいしょう ‥シャウ
  • たいしょう〔シヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 大工の長。工匠。おおきたくみ。
※古事記(712)下・歌謡「意富多久美(オホタクミ)をぢなみこそ 隅(すみ)(かたぶ)けれ」
〘名〙 (「だいしょう」とも) 技量のすぐれた大工。腕前の立派な職人。名匠。
※凌雲集(814)序「臣以不才忝承絲綸命、汗代大匠」 〔老子‐七四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大匠の言及

【大工】より

… 大工の意味には時代により変遷がある。まず,奈良時代以前は一種の官名で,〈大匠〉とも書かれ,〈おおきたくみ〉と読んだ。639年(舒明11)に百済川畔に大宮,百済大寺を造った際,書直県(ふみのあたいあがた)が大匠に任命され,699年(文武3)には〈大工二人於山科山陵,並分功修造焉〉と《続日本紀》に書かれているのがその例である。…

【大工】より

… 大工の意味には時代により変遷がある。まず,奈良時代以前は一種の官名で,〈大匠〉とも書かれ,〈おおきたくみ〉と読んだ。639年(舒明11)に百済川畔に大宮,百済大寺を造った際,書直県(ふみのあたいあがた)が大匠に任命され,699年(文武3)には〈大工二人於山科山陵,並分功修造焉〉と《続日本紀》に書かれているのがその例である。…

※「大匠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大匠の関連情報