コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原孝四郎 おおはら こうしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原孝四郎 おおはら-こうしろう

1833-1910 明治時代の実業家,社会事業家。
天保(てんぽう)4年11月2日生まれ。大原孫三郎の父。安政5年豪商大原壮平の養嗣子となる。明治21年倉敷紡績所(のちの倉敷紡績)初代頭取となり,24年倉敷銀行を設立。31年大原奨学会を創設した。明治43年7月6日死去。78歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。本姓は藤田。幼名は幸三郎。号は子容,新渓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大原孝四郎の言及

【倉敷紡績[株]】より

…1888年岡山県窪屋郡倉敷村(現,倉敷市)に設立された有限責任倉敷紡績所に始まる。初代社長は地元の実業家大原孝四郎。1906‐39年社長をつとめた大原孫三郎は孝四郎の次男。…

※「大原孝四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大原孝四郎の関連キーワード倉敷紡績[株]クラボウ[株]倉敷紡績(株)明治時代実業家天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android