コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少弐貞経 しょうにさだつね

4件 の用語解説(少弐貞経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

少弐貞経
しょうにさだつね

[生]文永9(1272).太宰府
[没]延元1=建武3(1336).2.29. 太宰府,有智山
鎌倉時代末期の武将。大宰少弐,筑後守。法名は妙恵高鑑。盛経の子。元弘3=正慶2 (1333) 年3月 13日貞経は,菊池武時鎮西探題北条英時の館を襲って援助を求めたとき,逆に英時を援助して武時を敗死させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少弐貞経 しょうに-さだつね

1273-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
文永10年生まれ。少弐経資(つねすけ)の孫。筑前(ちくぜん),豊前(ぶぜん),対馬(つしま)の守護で,鎮西(ちんぜい)探題評定衆,大宰(だざいの)少弐などをつとめる。足利尊氏が建武(けんむ)政権にそむくとこれにくみし,建武3=延元元年2月29日菊池武敏らに攻められて太宰府有智山(うちやま)城で自害した。64歳。法名は妙恵(みょうえ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

少弐貞経

没年:建武3/延元1.2.29(1336.4.11)
生年:文永10(1273)
鎌倉末期の武将。大宰少弐,筑前,豊前,対馬各国守護,鎮西談議所頭人,鎮西探題評定衆,二番引付頭人など九州における要職を兼帯した。盛経の子。筑後守。元弘3(1333)年鎮西探題赤橋英時大友貞宗と共に攻撃し,滅亡させた。建武新政権でも筑前,豊前国守護に任じられ,北条氏残党の規矩高政,糸田貞義を討伐した。建武3(1336)年足利尊氏が九州に逃れてきたとき,嫡子頼尚に命じて一族を率いて馳せ参じさせた隙に,菊池武敏に攻められ,大宰府有智城に籠城したが,敗れて一族と共に自害した。法名高鑑妙恵。<参考文献>川添昭二『九州中世史の研究』

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少弐貞経
しょうにさだつね
(1272―1336)

鎌倉末~南北朝初期の武将。盛経(もりつね)の子。法名妙恵(みょうえ)。大宰少弐(だざいのしょうに)・大宰府執行職(しぎょうしき)、筑後守(ちくごのかみ)。鎌倉末期に筑前(ちくぜん)・対馬(つしま)守護となり、建武(けんむ)年間(1334~38)に豊前(ぶぜん)国守護職を加えた。所領は、筑前・対馬のほか、肥前(ひぜん)に散在、さらに東海道遠江(とおとうみ)国にもあった。1333年(元弘3・正慶2)3月、菊池武時(たけとき)が鎮西探題(ちんぜいたんだい)北条英時(ほうじょうひでとき)を襲撃した際は、英時方にたち武時を敗死させたが、同年5月には、他の九州守護大友貞宗(おおともさだむね)・島津貞久(しまづさだひさ)らと英時を討ち、探題を滅ぼした。35年(建武2)末、足利尊氏(あしかがたかうじ)が建武政権に反旗を翻すと、尊氏方にたったが、翌年2月末、菊池武敏(たけとし)らの攻撃を受け大宰府の有智山(うちやま)城(福岡県太宰府(だざいふ)市内山)で自殺した。翌月初めの筑前多々良浜(たたらはま)の戦いで大勝した尊氏は、その死を悼み、大宰府滞在中に大宰府安養院(あんよういん)を建て、菩提(ぼだい)料田として筑前国小田(おだ)郷を寄進し、諷誦文(ふじゅもん)をなした。[山口隼正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少弐貞経の関連キーワード少弐氏少弐頼尚武藤氏大宰少弐少弐貞頼少弐資能少弐資頼少弐経資武藤景泰武藤資頼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone