コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池武時 きくちたけとき

7件 の用語解説(菊池武時の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊池武時
きくちたけとき

[生]正応5(1292).肥後,菊池
[没]元弘3=正慶2(1333).3.13. 博多
鎌倉時代の肥後の武将。出家後寂阿と号する。元弘3=正慶2 (1333) 年,後醍醐天皇が配流先の隠岐から伯耆に脱出した際,倒幕の密勅を得て鎮西探題北条英時を博多に攻めた。しかし,九州守護層の少弐貞経大友貞宗らが離反したため,戦いに敗れ子頼隆らとともに死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きくち‐たけとき【菊池武時】

[?~1333]鎌倉末期の武将。肥後の人。後醍醐天皇の隠岐(おき)脱出に呼応し、博多の鎮西探題(ちんぜいたんだい)北条英時(ほうじょうひでとき)を攻めたが、少弐貞経(しょうにさだつね)・大友貞宗の離反により敗死した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池武時 きくち-たけとき

?-1333 鎌倉時代の武将。
菊池隆盛の次男。肥後(熊本県)菊池氏惣領(そうりょう)12代。伯耆(ほうき)(鳥取県)船上山(せんじょうさん)からの後醍醐(ごだいご)天皇の討幕の呼びかけに応じて鎮西(ちんぜい)探題赤橋英時を攻めるが,正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年3月13日子の頼隆,弟の覚勝とともに敗死した。享年には42,53,64の諸説がある。幼名は正竜丸。通称は次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池武時

没年:正慶2/元弘3.3.13(1333.4.27)
生年:生年不詳
鎌倉末期の武将。隆盛の子。幼名正竜丸,法名寂阿。肥後国(熊本県)菊池郡を本貫地とする武士で,鎌倉時代には肥後国を中心に着々と在地武士団として勢力を伸ばしていた。元弘3(1333)年,後醍醐天皇は倒幕勢力を結集するため,武時にも軍勢催促の綸旨を発給した。このような不穏な動きを察知した鎮西探題赤橋英時は,九州の武士たちを博多に召集した。武時も博多に出頭したが,日ごろからその行動を疑惑の目で見られていた武時は,侍所広田久義から遅参をなじられた。疑われていることを知った武時は,少弐貞経,大友貞宗と共に鎮西探題を攻撃しようとしたが,両者は時期尚早として,逆に鎮西探題に内通した。やむなく武時は一族250騎を率いて鎮西探題館を攻撃したが,敗れて子の頼隆,舎弟覚勝らと共に戦死した。<参考文献>良覚『博多日記』,杉本尚雄『菊池氏三代』,川添昭二『菊池武光』,阿蘇品保夫『菊池一族』

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きくちたけとき【菊池武時】

1292?‐1333(正応5?‐元弘3)
鎌倉末期の武将。隆盛の子。肥後守。法名真空寂阿。1333年初め,伯耆船上山に挙兵した後醍醐天皇のもとに参じ,3月,鎮西探題北条英時を攻めた。しかし,少弐貞経,大友貞宗らの変心によって,武時はそこに敗死した。武時の死後も菊池氏は,その子息武重・武光が継ぎ,合わせていわゆる“菊池氏三代”と称せられ,九州における南朝方勢力の中心的存在であった。【山口 隼正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きくちたけとき【菊池武時】

?~1333) 鎌倉後期の肥後の有力御家人。法名、寂阿。元弘の乱後、後醍醐天皇の隠岐脱出に応じ、鎮西探題北条英時を博多に攻めたが、敗死した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊池武時
きくちたけとき
(?―1333)

鎌倉末期の肥後(熊本県)の武将。幼名正竜丸。次郎とも称した。兄時隆(ときたか)のあと、惣領(そうりょう)となる。幕府裁許の執行にあたる両使(りょうし)役を勤めるなど有力御家人(ごけにん)の一人であったが、1333年(元弘3・正慶2)護良(もりよし)親王の令旨(りょうじ)を受け、3月13日北条英時(ひでとき)が構える博多(はかた)の鎮西探題(ちんぜいたんだい)館に討ち入り、一族200余名とともに戦死した。没年には42歳、53歳、64歳説がある。首塚が福岡市六本松に、胴塚が同七隈(ななくま)にある。近年博多駅近くの祇園(ぎおん)町の探題館跡近くから、30余体の頭骨が発掘され、武時一党のものではないかと議論されている。剃髪(ていはつ)法号真空寂阿(しんくうじゃくあ)、妻は赤星有隆(あかぼしありたか)の女(むすめ)慈春尼(じしゅんに)[工藤敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の菊池武時の言及

【菊池氏】より

…肥後の豪族。中関白道隆の子大宰権帥藤原隆家の子孫と伝えられてきたが,先年,刀伊入寇の際に隆家とともに奮戦した大宰府官藤原政則(まさのり)(蔵則,蔵規とも書く)の子孫であると判明した。肥後北部菊池郡を本拠とし,やがて代々肥後守。鎌倉末,武時は,後醍醐天皇の命を受けて鎮西探題北条英時を攻めて討死。武時の子孫は,南北朝期,いずれも南朝方に立って征西将軍宮を奉じ,九州宮方勢力の中心となる。とくに,そのうち肥後国守・守護を兼帯した武光の軍事力は大きく,南北朝中期,九州宮方―征西府の隆盛を招いた。…

【肥後国】より

…こうして阿蘇氏,菊池氏などの不満が高まり倒幕勢力に転化していく。
[南北朝期の動向]
 1333年(元弘3)3月,菊池武時は一族ら200余騎で博多の探題(北条英時)館を襲った。武時は敗死したが,まもなく鎌倉幕府は倒れ,建武政権が成立する。…

※「菊池武時」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菊池武時の関連キーワード大仏貞直備後物大仏維貞小幡昌盛厚東武実武田信時二階堂行綱(1)藤原景家藤原景高和田義茂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊池武時の関連情報