コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和表具 ヤマトヒョウグ

デジタル大辞泉の解説

やまと‐ひょうぐ〔‐ヘウグ〕【大和表具】

日本で発達した最も一般的な表具の形式。一文字風帯・中縁(ちゅうべり)・上下から構成され、風帯は一文字と共裂(ともぎれ)にするか中縁と共裂にするかによって、一文字風帯・中風帯とよびわける。大和表装

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまとひょうぐ【大和表具】

掛け物の正式な表装の様式。上・中・下縁に大高檀紙おおたかだんし、一文字に大和錦、風帯に麻を組んだものを用いる。大和表装。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone