コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和表具 ヤマトヒョウグ

デジタル大辞泉の解説

やまと‐ひょうぐ〔‐ヘウグ〕【大和表具】

日本で発達した最も一般的な表具の形式。一文字風帯・中縁(ちゅうべり)・上下から構成され、風帯は一文字と共裂(ともぎれ)にするか中縁と共裂にするかによって、一文字風帯・中風帯とよびわける。大和表装

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまとひょうぐ【大和表具】

掛け物の正式な表装の様式。上・中・下縁に大高檀紙おおたかだんし、一文字に大和錦、風帯に麻を組んだものを用いる。大和表装。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大和表具の関連キーワード掛け物大和錦

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android