コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大商蛭子島 おおあきないひるがこじま

世界大百科事典 第2版の解説

おおあきないひるがこじま【大商蛭子島】

歌舞伎狂言。時代物。4幕。初世桜田治助・増山金八らの作。1784年(天明4)11月江戸中村座の顔見世狂言として初演。配役は河津祐安・源頼朝を3世沢村宗十郎,股野景久・文覚・北条時政を5世市川団十郎,伊藤祐親・長尾為景・長田景宗を3世大谷広右衛門,鎌田正清娘清滝を初世中村里好,北条娘政子を初世山下万菊,伊藤娘辰姫を初世三枡徳次郎ほか。一番目(前3幕)に曾我兄弟の仇討物語の発端である河津祐安の落命までを,二番目(4幕目)に源頼朝の平家追討の挙兵までを主題材とした〈伊豆日記〉の世界を描いた作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大商蛭子島の関連キーワード増山金八(初代)源平合戦物黒髪

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大商蛭子島の関連情報