大城鎌吉(読み)おおしろ かまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大城鎌吉 おおしろ-かまきち

1897-1992 大正-昭和時代の実業家。
明治30年12月20日生まれ。大正9年土木建築業大城組を設立戦後,沖縄の復興に際し瓦(かわら)製造,米軍工事の請負などで成功をおさめる。貿易,航空運輸,デパートなど多方面で活躍。大城組グループ9社からなる大扇会を組織した。平成4年10月18日死去。94歳。沖縄県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android