コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚啓三郎 おおつか けいさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚啓三郎 おおつか-けいさぶろう

1828-1876 幕末-明治時代の陶工。
文政11年6月15日生まれ。益子(ましこ)焼の祖。嘉永(かえい)6年下野(しもつけ)(栃木県)芳賀郡益子村に窯をきずいた。笠間焼にならって土瓶,皿鉢(はち)などの日用品をおおく手がけた。黒羽(くろばね)藩郡奉行三田称平に奨励され,藩の指定窯となった。明治9年5月6日死去。49歳。本姓は杉山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大塚啓三郎の関連キーワード益子(町)明治時代益子焼陶工

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大塚啓三郎の関連情報