コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚敬業 おおつか けいぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚敬業 おおつか-けいぎょう

1821-1874 幕末の儒者。
文政4年生まれ。越中富山藩につかえる。はじめ大野拙斎,ついで江戸で古賀精里にまなんだ後,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。のち帰藩し藩主前田利友の侍講となり,藩校広徳館の教授となった。明治7年9月25日死去。54歳。通称は新左衛門。号は水石。著作に「登立山記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大塚敬業の関連キーワード儒者

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android