コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚敬業 おおつか けいぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚敬業 おおつか-けいぎょう

1821-1874 幕末の儒者。
文政4年生まれ。越中富山藩につかえる。はじめ大野拙斎,ついで江戸で古賀精里にまなんだ後,昌平黌(しょうへいこう)にはいる。のち帰藩し藩主前田利友の侍講となり,藩校広徳館の教授となった。明治7年9月25日死去。54歳。通称は新左衛門。号は水石。著作に「登立山記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大塚敬業の関連キーワードおもなお雇い外国人ファナリオテスバイロンマンゾーニスーダン(国)善助自由民権運動わが祖国ギリシア解放戦争バン=ファルケンブルグ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone