コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大天の五事 だいてんのごじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大天の五事
だいてんのごじ

釈尊の没後 100年頃,大天の唱えた五ヵ条の異議のこと。五事とは,次の5つをいう。余所誘──阿羅漢でも他のもの (天魔など) に誘惑されると不浄をもらすことがある。無知──阿羅漢でもまだ知らないことがある。猶予──阿羅漢でもなお疑問をいだくことがある。他令入──阿羅漢でもみずからは阿羅漢となったことを知らず,必ず他人が汝はもう阿羅漢の位に入ったと悟らせてくれて,初めて自分が阿羅漢であることを知る。道因声故起──聖なる道は「苦しいものだな」と叫ぶことによって起る。上座部の長老たちはこれを妄語としたため,五事を認める人たちが一派をなして大衆部を立てたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大天の五事の関連キーワードナタリー コーグリンマイケル フェルプスマイケル フェルプス期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンリスベス トリケットダラ トーレスジェイソン レザックマーリーン オッティ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android