大尽笠(読み)だいじんがさ

精選版 日本国語大辞典の解説

だいじん‐がさ【大尽笠】

〘名〙 京都島原の遊郭に通う大尽客のかぶった貸笠。丹波口にあった島原遊郭の大門口の茶屋の焼印が押してあるもの。安女郎を買う客が借りた大門外の水茶屋の笠に対していう。
※浮世草子・御前義経記(1700)二「日毎に島原通のしのび供〈略〉おろせが中宿大臣笠(ダイジンガサ)の目付紋」
※あらくれ(1915)〈徳田秋声〉三六「札びら切って、大尽風をふかしてゐるお爺さんが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android