コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大屋斧次郎 おおや おのじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大屋斧次郎 おおや-おのじろう

1834-1879 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)5年11月生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。文久3年藩家老の開国論を責めて退陣させる。維新後は横浜県少参事をへて司法省につとめる。西南戦争後,西郷隆盛の戦死をきき,自著を宮内省に献じ明治12年12月17日切腹。46歳。本姓は中村。名は祐義。号は東寧。著作に「永世特立論」「訐姦志」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大屋斧次郎の関連キーワード葛飾北斎野村軍記服飾雑誌画論アヘン戦争図鑑川路利良モーゼル川路利良佐野経彦