大岡玲(読み)オオオカアキラ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岡玲 おおおか-あきら

1958- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和33年10月16日生まれ。大岡信(まこと)の長男。イタリア文学をまなぶかたわら小説をかく。昭和62年「緑なす眠りの丘を」で注目され,平成元年「黄昏のストーム・シーディング」で三島由紀夫賞,2年「表層生活」で芥川賞。現代社会のはらむ危機感にせまる。東京出身。東京外大卒。作品はほかに「森の人」「ブラック・マジック」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android