コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岡玲 オオオカアキラ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岡玲 おおおか-あきら

1958- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和33年10月16日生まれ。大岡信(まこと)の長男。イタリア文学をまなぶかたわら小説をかく。昭和62年「緑なす眠りの丘を」で注目され,平成元年「黄昏のストーム・シーディング」で三島由紀夫賞,2年「表層生活」で芥川賞。現代社会のはらむ危機感にせまる。東京出身。東京外大卒。作品はほかに「森の人」「ブラック・マジック」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大岡玲の関連キーワード黄昏のストームシーディング新日曜美術館二世作家大岡

大岡玲の関連情報