コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大崎義隆 おおさき よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大崎義隆 おおさき-よしたか

1548-1603 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。大崎義直の子。陸奥(むつ)玉造郡(宮城県)名生(みょう)城主。奥州探題大崎氏最後の主。天正(てんしょう)年間家中の内乱に乗じた伊達政宗とあらそい,その軍事指揮下にはいる。天正18年豊臣秀吉の小田原攻めに参加しなかったため,領地5郡を没収された。慶長8年死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大崎義隆

生年:生没年不詳
戦国末期の武将。義直の子,大崎家最後の領主。天正年間(1573~92)には大崎家は衰え,しかも義隆の寵をめぐって新井田刑部と伊場野惣八郎の争いから内乱が始まり(大崎合戦),これに伊達政宗が介入し,天正16年一度両者は講和した。しかし,翌年政宗が大崎攻めを企てたのに対し,義隆は最上義光の調停を得て政宗と講和。これにより大崎は伊達氏の馬打,つまり軍事指揮下に入り,かつ最上氏と絶って伊達氏と縁納を結ばされた。さらに18年小田原不参の科により領地を没収され,しかも大崎,葛西一揆が起きたため復活もかなわず,義隆は上杉景勝に預けられ会津で死去したという。<参考文献>伊藤信「大崎氏の歴代について」(『宮城の研究』3巻)

(伊藤清郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大崎義隆の関連キーワード葛西・大崎一揆葛西・大崎一揆大崎葛西一揆木村吉清葛西晴信

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android