コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭恭平 おおば きょうへい

美術人名辞典の解説

大庭恭平

幕末・明治の会津藩士勤王家。名は機・景範、号は松斎。足利三代木像梟首事件に係わる。維新後北海道で病死す。明治35年(1902)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭恭平 おおば-きょうへい

1830-1902 幕末の武士。
文政13年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。京都守護職となった藩主松平容保(かたもり)の先発として京にはいる。文久3年同志と等持院の足利尊氏ら3代の木像の首をはね,三条河原にさらす。信濃(しなの)(長野県)上田藩預けとなり,維新後は函館県などにつとめた。明治35年1月5日死去。73歳。名は機,景範。号は松斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大庭恭平

没年:明治35.1.5(1902)
生年:天保1(1830)
幕末維新期の会津藩(福島県)藩士。名は景範,松斎と号した。会津藩士の家に生まれ,文久2(1862)年藩主松平容保が京都守護職に任命されると,藩主の上洛に先立って京都に入り,諸浪士と往来,翌文久3年,等持院に安置された足利3代の木像の首を切るという,いわゆる足利事件を引き起こした。そのため上田藩(長野県)に幽閉されたが,明治に入ると秋田,青森などの県官を歴任。人となりは一本気で「身小にして胆大なり」「任侠にして権貴を畏れず,交友に厚く好みて人の急を周ふ」と評された。<参考文献>馬場瑞園編『旧会津藩先賢遺墨附伝』

(家近良樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大庭恭平の関連キーワード秋月悌次郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android