コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大廟 タイビョウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐びょう〔‐ベウ〕【大×廟】

天子・諸侯の始祖を祭るみたまや。宗廟。
伊勢神宮異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいびょう【大廟】

帝王の祖先をまつるみたまや。宗廟。 「常住の吾身わがみを観じ悦べば、六尺の狭きもアドリエーナスの-と異なる所あらず/三四郎 漱石
伊勢の大神宮。神廟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大廟の関連キーワードサーディン王朝の廟墓月山 貞一(1代目)マラケシ旧市街九鼎大呂綏遠事件青原行思大神宮ラマ廟原文哲三四郎宗廟相撲天子始祖諸侯溥儀祖先伊勢漱石神廟

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android