コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大心義統 だいしん ぎとう

1件 の用語解説(大心義統の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大心義統 だいしん-ぎとう

1657-1730 江戸時代前期-中期の僧。
明暦3年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都の人。天倫宗忽(てんりん-そうこつ)の法をつぎ,宝永3年大徳寺住持。古記録にくわしく,表千家伝来の唐津茶碗「桑原」の箱書きものこっている。享保(きょうほう)15年6月7日死去。74歳。俗姓は下村。字(あざな)は総持。号は巨妙子など。著作に「霊会日鑑」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大心義統の関連キーワード火消江村如圭前古典派音楽服部土芳服部土芳土芳服部土芳服部土芳浄瑠璃地質学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone