コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大悲千禄本 ダイヒノセンロッポン

3件 の用語解説(大悲千禄本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいひのせんろっぽん〔ダイヒのセンロクポン〕【大悲千禄本】

黄表紙。1冊。芝全交作、北尾政演山東京伝)画。天明5年(1785)刊。不景気のため、千手観音が千本の手を損料貸しするという物語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいひのせんろっぽん【大悲千禄本】

黄表紙。芝全交(ぜんこう)作。北尾政演(まさのぶ)(山東京伝)画。1785年(天明5)刊。1冊。不景気のため千手観音が千本の手を損料貸しに出す。薩摩守忠度(ただのり),茨木(いぱらき)童子,手(手練手管(てれんてくだ))の無い女郎,無筆など,手を必要とする人々が借りに来るが,いろいろな手違いによるこっけいな事態が生まれる。最後には坂上田村丸が鈴鹿山の鬼神退治で,謡曲の文句どおりに戦うため,1000本の手を借り集めて出陣する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大悲千禄本
だいひのせんろっぽん

黄表紙(きびょうし)。一巻一冊。芝全交(ぜんこう)作、北尾政演(まさのぶ)(山東京伝)画。1785年(天明5)刊。題名は、大根料理の流行を反映して「大根の千六本」をもじったもので、角書(つのがき)に「御手料理/御知而已(おしるのみ)」とある。清水寺(きよみずでら)の本尊千手観音(せんじゅかんのん)が、世の中が不景気なため山師の助けを借り、千本の手を損料貸しにしてひともうけしようとする話であるが、筋(すじ)らしい筋はなく、源平合戦で右手を切り落とされた平忠度(ただのり)や無筆の男などがその手を借りて巻き起こす滑稽(こっけい)を描き、最後を坂上田村麿(さかのうえのたむらまろ)が観音の助けで千の矢を放って賊を退治する話でしめる。わずか五丁(10ページ)という異例の超短編で、新進気鋭の版元蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)が朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)、山東京伝ら当代の代表的作者を動員した企画物の一環であるが、その滑稽の才を遺憾なく発揮して全交の代表作となったばかりか、もっとも黄表紙らしい黄表紙として知られる。[宇田敏彦]
『水野稔校注『日本古典文学大系59 黄表紙・洒落本集』(1958・岩波書店) ▽浜田義一郎他校注『日本古典文学全集46 黄表紙・川柳・狂歌』(1971・小学館) ▽小池正胤・宇田敏彦他編『江戸の戯作絵本 黄表紙集2』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大悲千禄本の関連キーワード山東京伝北尾派北尾政演芝全交芝甘交芝晋交芝全交(初代)芝全交(2代)晋米斎玉粒石山人

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone