コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝全交 しばぜんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芝全交
しばぜんこう

[生]寛延3(1750).6.19. 江戸
[没]寛政5(1793).5.27. 江戸
江戸時代後期の戯作者。本名,山本藤十郎。別号,司馬全交,司馬交。富裕な商家に生れたが,水戸藩の大蔵流狂言師山本藤七の養子となり,江戸,芝西久保神谷町に住んで,その業を継いだ。遊里や芝居に明るい通人で,交遊は広く,人から愛される性格だった。戯作者としての活躍は十数年だが,恋川春町,朋誠堂喜三二,山東京伝と並び称される黄表紙作者である。作風は才気にあふれる知的な滑稽を特徴とする。千手観音が手の損料貸しをする『大悲千禄本 (だいひのせんろっぽん) 』 (1785) は全交の代表作であるだけでなく,黄表紙中の最高傑作の一つである。ほかに『芝全交智恵程』 (87) ,『玉子の角文字』 (90) ,『十四傾城腹之内 (じゅうしけいせいはらのうち) 』 (93) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばぜんこう【芝全交】

1750‐93(寛延3‐寛政5)
江戸後期の黄表紙作者。本名山本藤十郎。江戸の富商吉川氏の子に生まれ,水戸藩能楽師の養子となってその業をつぐ。芝西久保神谷町に住む。黄表紙《大悲千禄本(だいひのせんろつぽん)》(1785)は奇警な着想と洒脱な表現によって名作といわれる。ほかに《通一声女暫(つうのひとこえおんなしばらく)》《大違(おおちがい)宝船》(以上1781),《茶歌舞妓茶目傘(ちやかぶきちやのめのからかさ)》(1787),《玉子角文字(たまごのかくもじ)》(1790)などが知られており,山東京伝と並ぶ作者であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しばぜんこう【芝全交】

1750~1793) 江戸後期の戯作者。本名、山本藤十郎。遊里・芝居に取材した黄表紙が多い。作「十四傾城腹之内」「大悲千禄本」「芝全交智恵之程」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芝全交
しばぜんこう
(1750―1793)

江戸後期の戯作者(げさくしゃ)。本名山本藤十郎。別に司馬全交、司馬交などとも号した。江戸の商家の生まれで、のち水戸藩の大蔵流狂言師山本藤七の養子となり、その業を継いだ。江戸・芝西久保神谷町に住む多芸多才な通人として知られ、戯作を好み、1780年(安永9)黄表紙の処女作『時花兮鶸茶曽我(はやりやすひわちゃそが)』を出して以来、『大通仏買帳(だいつうぶつかいちょう)』『拝寿仁王参(おがみんすにおうさん)』『十四傾城腹之内(じゅうしけいせいはらのうち)』などおよそ40部の黄表紙を残し、山東京伝と並ぶ町人作者として活躍、恋川春町(こいかわはるまち)、朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)以後の代表的作者となった。典型的な江戸っ子で、江戸庶民の日常生活を好んで題材としたが、その作風は知的で陽気な都会性の滑稽(こっけい)味に富み、軽快な笑いと奇抜な発想や表現にその本領があった。代表作『大悲千禄本(だいひのせんろっぽん)』はわずか5丁(10ページ)の小冊ながら、もっとも黄表紙らしい作品として知られる。[宇田敏彦]
『小池正胤・宇田敏彦他編『江戸の戯作絵本』全6冊(社会思想社・現代教養文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芝全交の言及

【大悲千禄本】より

…黄表紙。芝全交(ぜんこう)作。北尾政演(まさのぶ)(山東京伝)画。…

※「芝全交」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

芝全交の関連キーワード芝全交(初代)朋誠堂喜三二桜川慈悲成6月19日晋米斎玉粒恋川春町草双紙芝甘交芝晋交別号

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android