損料(読み)そんりょう

精選版 日本国語大辞典「損料」の解説

そん‐りょう ‥レウ【損料】

〘名〙
衣類器物などを借りた時、それがいたむ代償として支払う金銭。かりちん。借用料。
※東寺百合文書‐へ・寛正四年(1463)一二月・光明講方用脚算用状「五十文 輿料故日向」
※浮世草子・好色一代男(1682)三「泪は雨のふる夜は下駄からかさまても損料(ソンリャウ)出して、思へはかりのうら店」
仮名草子・都風俗鑑(1681)二「そんりゃうのかり小袖にて、金仏のごとく荘厳して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android