コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大方殿 オオカタドノ

デジタル大辞泉の解説

おおかた‐どの〔おほかた‐〕【大方殿】

貴人の母の敬称。大方様。
「―より出家になし申せとこそ承り候ふに」〈謡・元服曽我〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大方殿 おおかたどの

?-? 戦国時代の女性。
安芸(あき)(広島県)の国人領主毛利弘元(1466-1506)の側室。弘元の死後,実父母をうしなった弘元の次男松寿丸(元就(もとなり))をそだてた。通称は別に杉の大方。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大方殿

生年:生没年不詳
戦国時代の武家の女性。安芸(広島県)の国人領主毛利弘元の側室。高橋氏。杉の大方とも。若くして弘元が死去したのち,実父母に死別した弘元の次男元就を養育。元就は大方殿に「取つき申候て(ひたすら頼り)」実兄興元在京中の3年間を過ごしている。再婚しなかったことについて元就は,「貞女を遂げられた」と表現している。<参考文献>『毛利家文書

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大方殿の関連キーワード北条泰家日野重子裏松重子貴人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android