コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村加卜 おおむら かぼく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村加卜 おおむら-かぼく

?-1705* 江戸時代前期の医師,刀工。
越後(えちご)(新潟県)高田藩主松平光長に医師としてつかえた。のち水戸徳川家の侍医となる。また40年余にわたり刀をつくりつづけ,貞享(じょうきょう)元年「刀剣秘宝」「日本刀鍛法秘書」をあらわした。宝永元年12月18日死去。駿河(するが)(静岡県)出身。本姓は大森。名は安秀。通称は治左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大村加卜の関連キーワード刀工

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android