大村純安(読み)おおむら じゅんあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村純安 おおむら-じゅんあん

1850-1870 幕末-明治時代の医師。
嘉永(かえい)3年生まれ。阿波(あわ)徳島藩儒医。巌谷一六,篠田秀道にまなぶ。江戸にでて英学をおさめ,明治元年洲本学問所の文学教授となる。3年稲田騒動(阿波庚午(こうご)の変)にくわわって,明治政府に捕らえられ,同年9月3日同志9名とともに切腹した。21歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。字(あざな)は誠卿。号は竹窓。著作に「竹窓遺稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android