コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村純安 おおむら じゅんあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村純安 おおむら-じゅんあん

1850-1870 幕末-明治時代の医師。
嘉永(かえい)3年生まれ。阿波(あわ)徳島藩儒医。巌谷一六,篠田秀道にまなぶ。江戸にでて英学をおさめ,明治元年洲本学問所の文学教授となる。3年稲田騒動(阿波庚午(こうご)の変)にくわわって,明治政府に捕らえられ,同年9月3日同志9名とともに切腹した。21歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。字(あざな)は誠卿。号は竹窓。著作に「竹窓遺稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大村純安の関連キーワード逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合エンゲルスツィンマーマンアイルランド土地法オーストラリア・ニュージーランド文学普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android