大梵天(読み)ダイボンテン

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐ぼんてん【大梵天】

〘名〙 (mahābrahman の意訳) 仏語。色界四禅天の中、初禅天にあり、梵輔天・梵衆天をしたがえる天。また、その王。もとヒンドゥー教の神で、仏教に取り入れられ、帝釈天・四天王天などとともに仏教護持の神となった。帝釈天とともに釈迦の夾侍とされる。梵天
※観智院本三宝絵(984)下「比丘も比丘尼も大梵天も六欲天も」 〔大智度論‐九〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android