大森 義太郎(読み)オオモリ ヨシタロウ

20世紀日本人名事典の解説

大森 義太郎
オオモリ ヨシタロウ

大正・昭和期の経済学者,評論家



生年
明治31(1898)年9月26日

没年
昭和15(1940)年7月28日

出生地
神奈川県横浜市

学歴〔年〕
東京帝大経済学部〔大正11年〕卒

経歴
東京帝大経済学部助手、助教授となる。助手時代から向坂逸郎土屋喬雄有沢広巳らと交友関係を続け、新カント派からマルクス主義に接近、昭和2年鈴木茂三郎らと労農派結成に参加。同年「まてりありすむ・みりたんす」を「改造」に発表、気鋭のマルクス学者として注目される。3年の3.15事件の影響で東大を退職、以後、労農派の理論家として活動。12年の人民戦線事件山川均加藤勘十らとともに検挙され病気のため保釈されたが15年胃がんで死去。東大を辞めてからは、文筆で生計を立て、労農派の数少ない論客だった。平野義太郎山田盛太郎とともに“マル経の三太郎”と呼ばれた。著書には「史的唯物論」「唯物史観」「唯物弁証法読本」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大森 義太郎 (おおもり よしたろう)

生年月日:1898年9月26日
大正時代;昭和時代のマルクス主義哲学者;経済学者。東京帝国大学経済学部助教授
1940年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android