コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新カント派 しんカントはNeo-Kantianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新カント派
しんカントは
Neo-Kantianism

19世紀中期,O.リープマンの「カントにかえれ」 (『カントとそのエピゴーネン』〈1865〉) をはじめ,E.ツェラー,F.ランゲ,K.フィッシャーらによる同様の主張をきっかけとして,1870年代から 1920年にかけて,主としてドイツを中心に起ったカントの批判哲学再興の運動で,その批判精神の再興の仕方によって,いくつかの傾向に区分される。前期の学派としては,生理学的,心理学的傾向 (H.ヘルムホルツ,ランゲ) と批判的実在論の傾向 (A.リール) があげられる。後期は,マールブルク学派バーデン学派 (西南ドイツ学派) に代表される。前者は H.コーエン,P.ナトルプ,E.カッシーラーらが中心人物であり,後者の代表者は W.ウィンデルバント,H.リッケルト,E.ラスクらである。そのほか,J.フリースの『新純粋理性批判』 (1807) のあとをうけ,ゲッティンゲン大学の L.ネルソンらによる新フリース学派のカントの心理学的解釈,G.ジンメルによる相対主義的,社会学的解釈などがあげられるほか,フランスでは C.ルヌービエ,O.アムランらにその影響がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新カント派の関連キーワードヤーコプ・フリードリヒ フリースアキム ヴォルインスキーヘルマン コーエンフォルレンダー象徴形式の哲学カントに帰れイェリネック批判的教育学シュタムラー左右田喜一郎マンハイムパウルゼン新理想主義中島 力造板垣 鷹穂価値倫理学統一科学先験主義桑木厳翼汎方法論

新カント派の関連情報