コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大槻清準 おおつき・せいじゅん

1件 の用語解説(大槻清準の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

大槻清準

没年:嘉永3.1.17(1850.2.28)
生年:安永1(1772)
江戸中・後期の仙台藩の儒学者。平戸生月島捕鯨の見聞記『鯨史稿』(1808)を著した。大肝入専左衛門清雄の次男で清準は名,通称民治,字子縄,平泉と号した。大槻玄沢の伯父の孫に当たる。林述斎に師事,江戸の昌平黌に学ぶ。文化3(1806)年仙台藩藩儒に抜擢され,荒蕪地を開き,藩校養賢堂を建て第4代学頭になり,藩士子弟の教導と教育行政に努めた。『鯨海游志』『経世大要』『三正通義』など,著書は多い。<参考文献>千葉瑞夫『磐井の里の先賢清庵と大槻家の人々』

(田島佳也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大槻清準の関連キーワード生月島漢儒仙台笹平戸秋保盛弁安達雲斎(初代)生月鯨太左衛門高橋一庵高橋容斎田辺楽斎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone