コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大槻竜之進 おおつき りゅうのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大槻竜之進 おおつき-りゅうのしん

1802-1870 幕末の砲術家。
享和2年生まれ。大槻俊斎の兄。陸奥(むつ)仙台藩の重臣片倉氏の家臣。砲術高島秋帆,江川英竜,佐久間象山にまなぶ。安政3年藩の大番士となり,西洋砲術教授として活躍,その門弟は2500人におよんだ。明治3年10月10日死去。69歳。名は栄長。号は瓊岡。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大槻竜之進の関連キーワード犯罪学日本の医学史(年表)普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android