コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大歩危・小歩危 おおぼけこぼけ

1件 の用語解説(大歩危・小歩危の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおぼけこぼけ【大歩危・小歩危】

徳島県西部にある吉野川の峡谷。高知県側から東流してきた吉野川が四国山地を横断する際,北流して横谷をなす約20kmの間をいう。ボキ,ボケは山間の断崖地の呼称で,崩壊の字もあてるが,この両岸は標高1000m前後の山がせまり,かつてはわずかに小路が通じていた。1935年川岸に沿って開通した土讃線の阿波川口駅から南に5kmで小歩危,さらに4kmで大歩危となるが,その間がとくに峡谷美をなす。大歩危は奇岩や怪石が多く,深い淵があって男性的で,小歩危は岩石の露出が少なく,奇岩も小さく女性的といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大歩危・小歩危の関連キーワード阿波祖谷三嶺徳島平野鳴子峡三好吉野川大歩危小歩危接岨峡吉野川遊園地

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大歩危・小歩危の関連情報