コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大歩 だいぶ

大辞林 第三版の解説

だいぶ【大歩】

地積の単位。一段の3分の2。古くは二四〇歩をいい、大閤検地以後は二〇〇歩をいう。 → 小歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大歩の関連キーワード絶景!土讃線 秘教トロッコ徳島県三好市山城町西宇徳島県三好市山城町上名吉野川(高知・徳島)サン・ピエトロ広場山城・山背・山代大歩危・小歩危大歩危大歩危・小歩危吉野川(四国)山城(徳島県)剣山国定公園徳島県三好市大歩危小歩危ラフティング池田[町]山城〈町〉祖谷地方四国山地西祖谷山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大歩の関連情報