コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖谷 いや

5件 の用語解説(祖谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祖谷
いや

徳島県西部,吉野川上流の支流祖谷川流域をいう。広義には祖谷川の支流松尾川流域の「小祖谷 (おいや) 」も含まれ,ともに剣山国定公園に属する。民俗学的には祖霊信仰の地で,イヤはオヤ,ウヤマウと関連し,祖の字をあてる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いや【祖谷】

徳島県三好(みよし)市の祖谷川・松尾川両流域一帯の称。平家落人(おちうど)伝説を伝える集落が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

祖谷【いや】

徳島県西部,吉野川の支流祖谷川と松尾川流域。三好市に属する四国山地中の隔絶地域で,平家落人伝説,神代踊が伝わり秘境といわれたが,近年道路・森林開発,松尾川上流(小祖谷地方)の松尾川ダムなど電源開発も進んでいる。
→関連項目金丸荘三加茂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いや【祖谷】

徳島県西部、吉野川支流の祖谷川と松尾川流域一帯の呼称。日本三大秘境の一つとされ、平家落人伝説を伝える。祖谷渓いやだににかかる蔓橋かずらばしは有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祖谷
いや

徳島県西部、吉野川上流部の祖谷川および松尾川流域をいう。また松尾川流域は小祖谷(おいや)とよばれる。行政的には三好(みよし)市の南半部(旧東祖谷山村、旧西祖谷山村)の範囲をさす。典型的な挙家(きょか)離村。祖谷川は三好市西祖谷山村の善徳(ぜんとく)までは西流して縦谷をなし、次いで北流してV字形の横谷をつくる。祖谷渓の深い谷は10キロメートルに及び、長い間外部を隔絶し、平家一族の隠田(おんでん)集落とされ秘境をなしてきた。1585年(天正13)から1590年の祖谷山一揆(いっき)ののち蜂須賀(はちすか)氏の支配を受けるようになった。藩は政所(まんどころ)を置き、配下に8家の御屋敷(おやしき)を置いた。古い慣習を残しており、正月14日のカイツリの行事、名付け親や隠居の制度、ユイ(イイ)とよばれる相互扶助のしきたりなど、祖谷特有の伝承文化が多い。また、忌みことばや神代踊(じんだいおどり)(国指定重要無形民俗文化財)にも秘境性をのぞくことができる。東祖谷歴史民俗資料館、平家屋敷民俗資料館では祖谷の歴史や文化が紹介されている。国指定重要有形民俗文化財の蔓橋(かずらばし)は祖谷川に架かる吊橋(つりばし)で、全長45メートル、幅1.5メートル、水面からの高さ15メートル。シラクチカズラでつくられているが、かつてはこうした橋が、祖谷や木頭(きとう)で多くみられたという。祖谷と吉野川流域低地とは、小島峠、桟敷(さじき)峠、水ノ口(みずのくち)峠で連絡していたが、大正初期に祖谷川に沿う街道が完成した。また1974年(昭和49)西方の大歩危(おおぼけ)からの有料道路(1998年無料開放、主要地方道西祖谷山山城線)が開通した。ソバ、ヒエ、コンニャクなどを産し、ミツマタの栽培も行われる。「いや」は、おや、うやまうと関連した語源で、祖霊信仰の土地である。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の祖谷の言及

【三奇橋】より

…日本の古橋の中でとくに構造的に変わったものとしてあげられてきた岩国(山口県)の錦帯橋,甲斐(山梨県)の猿橋,黒部(富山県)の愛本橋をいう。愛本橋の代りに木曾の桟(かけはし)あるいは祖谷(いや)(徳島県)のかずら橋を入れる説もあるが,桟はけわしい崖に沿って板をかけ渡した橋で,構造的には上述の諸橋ほどの特色はない。錦帯橋は1673年(延宝1)に創建された木造アーチを主体とする優美な橋,猿橋は少なくとも13世紀以前にはつくられていたに違いないはね木橋である。…

※「祖谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

祖谷の関連キーワード徳島県徳島市藍場町徳島県徳島市安宅徳島県徳島市春日徳島県徳島市銀座徳島県徳島市住吉徳島県徳島市寺町徳島県徳島市徳島町徳島県徳島市徳島町城内徳島県徳島市富田浜徳島県徳島市中前川町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祖谷の関連情報