コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボケ Boké

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボケ
Boké

ギニア西部の町。コナクリ北北西約 175kmに位置。かつて奴隷の集積地であったが,1865年フランスの交易基地となった。 1954年北東 80kmのサンガレディに含有率 62%級のボーキサイトの鉱脈が発見され,政府と欧米のアルミニウム企業の合弁によるギニア=ボーキサイト会社が開発,大西洋岸にいたる 130kmの鉄道とカムサル港を建設して,70年代初めから輸出。ギニア最大のボーキサイト採掘量を誇る。商業中心地でもあり,米,魚,オレンジ,パーム油,パーム核,家畜などを集散。人口3万 3205 (1983推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

ボケ

1枚の写真の中でピントが合っていない部分のこと。ピントを合わせることに失敗して写真全体がボケてしまうこともあるが、テーマを鮮明に浮かび上がらせるために、わざと構図の一部をぼかす撮影技術もある。例えばポートレート写真では、テーマの中心となる人物のみにピントを合わせて、背景をぼかすことがある。
 レンズの描写力を評価する際、しばしば「ボケ味」という言葉が使われる。これはボケた箇所の印象に注目した評価方法で、「ボケ味がきれい」「汚い」という。
 効果的なボケを得るには、例えば85ミリ以上の中望遠レンズを使い、絞りを開くことである。ただしこの場合、被写界深度が極端に浅くなりピントが合う部分が薄くなるため、撮影者は慎重にピント合わせを行わなければならない。
 日本の写真家の中でボケを作品に積極的に取り入れたのは森山大道である。森山の写真はプリントが荒れ、構図がぶれ、写真全体がボケているものも少なくない。かつてはこのような写真は写真として認められなかったが、森山の作品世界が広く認知されて支持されるに及んで、「アレ、ブレ、ボケ」は森山大道を語るキーワードの一つとなり、写真を評価する基準もコペルニクス的転回に至った。現在ではボケていることのみをもって写真に評価を与えないのは、古典的見解と言えるだろう。
 ボケとは反対に構図全体にピントが合っている状態を「パン・フォーカス」という。

(神田憲行 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

ボケ

 画像が鮮鋭でない状態をいう。被写体がボケた状態をピンボケ、 被写界深度 の範囲を超えて被写体の後方がボケた状態を後ボケ(背景ボケ)、被写体の前方のボケを前ボケなどという。花の撮影などではこの前後のボケを利用し、雰囲気のある絵づくりをすることが多い。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボケ
ぼけ
[学]Chaenomeles speciosa (Sweet) Nakai

バラ科の落葉低木。高さ1~2メートル、小枝は刺(とげ)になる。葉は互生し、楕円(だえん)形または長楕円形で長さ3~9センチメートル、先はとがり、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。托葉(たくよう)は大きい。雌雄同株。3~4月、赤色で径約3センチメートルの5弁花を開く。花弁は倒卵形または円形。萼片(がくへん)は直立して先は丸く、萼筒は鐘形。雄しべは30~50本。雌花では、花柱5本の子房が発達する。果実は楕円状球形で長さ4~5センチメートル、7~8月に黄色に熟し、香りがよい。中国南西部原産。花が濃赤色のヒボケ、白色のシロボケ、紅白雑色のサラサボケ、枝がねじれて曲がるコウテンボケをはじめ、大輪、八重咲きなど品種が多い。中国語の木瓜(もっか)がなまってボケになったといわれるが、中国の木瓜は近縁の別種で中国原産のマボケC. cathayensis (Hemsley) Schneiderである。広く庭木、盆栽に植える。繁殖は挿木、株分けによる。陽樹で、日当りのよい適湿地でよく育ち、強剪定(きょうせんてい)しても成長力がある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボケの関連キーワードAv (モードダイヤル)大阪府藤井寺市青山クサボケ(草木瓜)ザ・パーフェクトアウトフォーカス平成ノブシコブシ前ボケ・後ボケ高感度フィルムフルーツポンチひよしなかよしボスマジックメコシアニンコマンダンテ絞り優先AEリングぼけプレビューヴィレッジペナルティクサボケ輪郭強調

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボケの関連情報